全日本MTB選手権大会XCOの難所

明日で全日本選手権大会とKTファイナル

0719-6

長野県富士見町・富士見パノラマスキー場で開催されている「全日本マウンテンバイク選手権大会」も日曜の午後を迎え、各クラスのライダーの試走が始まりました。

0719

富士見パノラマコースが初めての私のハートをキャッチした難所は、左側フィールドにあるガレ場です。障害物の石がDHコースにあるようなデカさ!

0719-3

こういった難しいセクションでは、だいたい攻略井戸端会議が始まります。上手い方のテクを研究したり、ライン取りを見たり。

0719-2

さすが竹谷賢二選手(SPECIALIZED)は、アッサリと大岩の上を乗り越えてクリア!この大会で引退とは…信じられないです。

0719-4

全日本選手権大会には、フランスから帰国した山本幸平選手(Anchor BRIDGESTONE)も参加ですが、去年お会いした時よりガッチリとした体系になったようです。

0719-5

他の難セクションの一つにリフト下の激坂。
今日現在路面はマディ状態なので、コースの頂点まで乗車で上る事が厳しい状態でした。果たして明日のコンディションはいかに?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。