WANGAサイクリング、四万十川は大水でした

山岳仕様のMTBでユラリとサイクリング

0518-3

最近は雨が多い。もう少し晴天との割合が上手くバランス取れないだろうか…とかワガママ言いながら先日は高知県の四万十川サイクリングへ行って来ました。

数日雨が続いたおかげで四万十川の水量は「ただいま増量中」だった…ゆったりと流れる優しい雰囲気を期待していたのですが、風も強めで…(^_^;)
四万十川と言えば「沈下橋」です。この情緒あふれる橋を求めて川を上って行こうという計画でしたが、この空の色と水の量なので、計画を短縮して、沈下橋を2本だけ巡る事にしました。走行ルートは川を満喫するべく川沿いを走りました。MTBサイクリングなので、農道やあぜ道をつないで進みます。川のせせらぎと鳥の声に癒されながら川岸を走行して一本目の沈下橋へ。

雄大にドンドン流れる四万十川

0518-2
四万十川では、観光でも有名な渡し船が往来しているのですが、さすがにこの水量では営業していないですね。乗客が乗降りする場所が無くなるくらいの水量でした。商売あがったりで…

また、暫く四万十川を横目にサイクリングしながら2本目の沈下橋へ到着。こちらの渡し船は営業中でしたがお客さんは無し…寂しい雰囲気。誰もいない沈下橋の川岸へ自転車ごと「ドドドッ」と突入してVooDoo WANGAとツーショット!
0518-6
ちなみに沈下橋の幅は狭く、乗用車一台が通れる程度。自転車一台とスレ違うにしても相当スリリングな事態になるはずです…路面は石畳を期待していたけど奇麗な舗装路でした。

今回の四万十川サイクリングは雨こそ降らなかったのですが、青空無しの水量ドンドコだったので、爽やかな流れを求めて、また再チャレンジします。「待ってろ!四万十川っ!!!」