WANGAのトップチューブの真相

熊本の平野部では桜が身頃です。「一心行の桜」の見頃が気になります。

さて、先日のWANGAのトップチューブの違いの続きです。

トップチューブを実際に計ったら、スローピング長で530mm位なので、BIZANGOとERZULIEと5mm程度の差があります。同じ16インチだけど結果はこうです。
対策として、ステムを110mmから105mmへ換装。それに合わせ、サドルを後へセットバックしたら良好になりました。

通い慣れたコースの登りと降りを3本試してのフィーリングは良いです。
登りの漕ぎにも違和感がなく力も入りやすい。暫くは、このポジションで距離を稼いでみることにします。

またもやスタンド付けてみました(笑)




2 thoughts on “WANGAのトップチューブの真相

  1. 赤が好き

    赤は通常の 3倍速いッ!ヽ(´ー`)ノ〜♪

    スタンド付きイイですよね、HTを手に入れたら付けるつもりです

  2. izumi 投稿作成者

    amoreさん>

    >赤は通常の 3倍速いッ!ヽ(´ー`)ノ〜♪

    スタンド付けると、その3倍重くなります(嘘)
    amoreさんのVooDoo(もう決め付けている)早く見たい(*´艸`*)

コメントは停止中です。