TRANCE ADVANCED 維和島ツーリング

まずは維和島を時計回りに走る

0305-7

昨日からの続き。
熊本県上天草市大矢野町の維和島をのんびりと走る、ポタリング計画が進行中です。維和島へ続く一つ目の橋を渡り終えると、次は吊り橋を渡ります。あ、この橋の名前忘れた…
0305-6
橋の一番高いところから三角方面を望む、小さい小島には釣り人達が渡ってフィッシングしています。中央奥に架かる橋が、天草パールライン一号橋です。
0305-5
橋を渡って時計回りに島を巡ります。自転車は左側通行なので、左手に海を望みながらノンビリと海岸線に沿って自転車を進める。すると幾度か行き止まりに突き当たりますが、それも気ままなサイクリングならではの展開。たまには海辺まで降りて一休みです。
0305-4
蔵々瀬戸から八代海につながる海岸線は快速ルートでしたが、暫く走ると行き止まりでした。なので、蔵々簡易郵便局辺りから島の最標高である高山へ向かう。変速ギアをセンターローにしてルートを丁寧に上がります。
道路両側にはミカン畑が広がっていて、麓の対岸の戸馳島には沢山の送電鉄塔が並んでいます。

マウンテンバイクで来て正解の高山周辺ルート

0305

ミカン畑の山道をひたすら登ると、こんな標高まで来てしまいました。マウンテンバイクなのでシングルトラックの登りも全く大丈夫。というか、まさかお気軽サイクリングに、こんな鍛わせられるルートが在るとは予想外。これぞブラリ旅の醍醐味!
0305-3
そんなこんなで高山の最高峰へ到達。眼下には天草パールライン2号峡から5号橋と島々が広がっています。
0305-2
写真には納まっていないけど、画像の180度反対には八代港が望めます。
さあ、今から山道のシングルトラックを降りて行きます。

次回につづく(^_^)/~




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。