フィッティング、ステムとサドルの関係

先日VooDoo BIZANGOのステムを10mm短くして、フィッティングを見ましたが、結果的に登坂時のペダリングが楽になりました。

これに気を良くして、AM(オールマウンテン)のGIANT / TRANCE ADVANCEDにも同じようなセッティングを施しました。すると、かなり楽に勾配のある坂を登れます。

上半身ポジションの重要性を考えさせられる。




2 thoughts on “フィッティング、ステムとサドルの関係

  1. 赤が好き

    徐々に “SWISS POWER”ポジションになりつつありますね

    坂道を楽に登れるようになったのは biker☆さんの
    脚力がアップしているのがあるカモですけれど (笑

  2. izumi 投稿作成者

    赤が好きさん>

    耐久レースのオフィシャルお疲れ様でした(^-^)

    かなりバランスの取れた純XC(クロスカントリー)ポジションになりました。
    2時間耐久でも大変乗りやすいバイクに仕上がっていました。

    フレームの性能を最大限に出せるように、これからも頑張ります(*^-^)v

コメントは停止中です。