Schwalbe G-One【グラベルロード用タイヤ】

schwalbe-g-one_topimg

タイヤの概要

『Schwalbe(シュワルベ)』は近年、ロードバイク用のチューブレスタイヤのラインナップ拡充に熱心。

その流れは欧米で人気上昇中のグラベルロード向けのタイヤにも向けられました。そのタイヤモデルは[Schwalbe G-One]です。

ロードバイクのタイヤに詳しいユーザーであれば、このタイヤのネーミングにピンとくるでしょう。ただ「それってグラベルロード向けタイヤだったかな?」という疑問が出てくるかもしれません。

実は、この[G-One]というモデル名のタイヤは『Paris-Roubaix(パリ~ルーベ)2015』では、タフネスなワイドボリュームタイヤとして、プロ選手のバイクに装着されていました。
当然その頃のトレッドパターンはグラベルロード向きのノブが付いたものではなく、密集円形トレッドパターンのスリックでした。その形状のタイヤは、現在モデル名が変更され、2016年モデルから[Schwalbe S-One]として発売されています。

そして、2016年モデルの新たな[Schwalbe G-One]は、グラベルロード向けのタイヤとして登場します。

この独自のトレッドパターンは、グラベル(砂利道)での直進安定性と転がり抵抗を少なくする事に貢献しています。ノブが小さく低いこともありオフロードでのグリップは高くはありませんが、タイヤ接地面のプロテクションを高くした構造であるため、パンクのリスクは少ないでしょう。

あと、ノブが低いためにタイヤ寿命は短めです。

タイヤのサイズは【700x35C】、【700x38C】と、グラベルロード向けのエアボリュームのあるラインナップ。また『cannondale SLATE』などの【650B】にも装着可能な【27.5 x 1.50】も用意されています。

重量は、幅35Cで【400グラム】。推奨エア圧は【3.00 – 5.00 Bar (45 – 70 psi)】です。

このタイヤ、欧州ではデリバリーが始まっていますが、残念ながら、現在日本では販売されていません。いずれは販売される事を期待しています。ちなみに欧州での販売価格は59,90 €(7,798円)。

このタイヤ、個人的に関心が高いのモデルなので、所有するグラベルロードバイクに装着したいです。

仕様

700x35C

サイズ
28 x 1.35, 700x35C
タイプ
チューブレス対応、クリンチャー
ビート
フォールディング
TPI
127
重量
400 g
エア圧
3.00 – 5.00 Bar (45 – 70 psi)
最大加重
70 kg
カラー
価格
– (日本未発売)
MicroSkin, TL-Easy

700x38C

サイズ
700x38C
タイプ
チューブレス対応、クリンチャー
ビート
フォールディング
TPI
127
重量
460 g
エア圧
3.00 – 5.00 Bar (45 – 70 psi)
最大加重
70 kg
カラー
価格
– (日本未発売)
MicroSkin, TL-Easy

    このポストに関連する記事

    関連する記事は見当たりません…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。