【26インチMTB対応】マキシスからセミスリックタイヤ「トレッドライト」発売

現在、所有しているMTBのホイール径は26インチのみ。サイクリングをメインに使用しているバイクには、セミスリック等のセンターノブがフラットに近いモデルを装着している。

そこで最近気になるのが、26インチホイール対応セミスリックの種類が少ないこと。以前は沢山のブランドから選べたセミスリック。しかし、MTBホイールのメインストリームが27.5(650b)や、29インチにシフトしたことで、26インチ向けは減少傾向にあります。
MAXXIS-Treadlite_topimg
そんなところに、大手タイヤメーカーのMAXXIS(マキシス)から新しいセミスリックタイヤ『TREADLITE(トレッドライト)』が登場してきました。サイズ展開は26、27.5、29インチの3サイズをそろえ、幅ひろいニーズに対応しています。

トレッドライトは、ドライコンディションでのハイスピードレースを想定して開発されたセミスリックタイヤ。センターにはファイルトレッドの低いノブを配置し転がり抵抗を最小限にした設計。大き目のサイドノブはコーナーでのグリップを確保しながら、120TPIチューブレスレディケーシングでライダーの操作に忠実かつ確かな安定感をもたらすそうです。

このトレッドライトには大きな特長が二つ。

TUBELESS READY
一つ目は『チューブレスレディ』に対応。
シーラント剤を使用することでチューブレスタイヤとして走行可能。低圧走行によるグリップ力やトラクション向上の恩恵をもたらしながら、同時にパンクリスクの低減はもちろんのこと、タイヤ重量も従来のチューブレスタイヤより軽くできるメリットがあります。

EXO PROTECTION
二つ目は『EXOプロテクション』。タイヤのサイドウォールに軽量かつ柔軟な高密度の繊維を挟み込んだ技術。これにより、タイヤ本来の性能を失うことなく、サイド部分の耐久性と耐摩耗性をアップさせています。岩場や木の根が張った不安定なトレイルでのトラブルリスクを減らし抜群の威力を発揮します。

高性能なセミスリックタイヤを販売してくれるMAXXISに感謝!

サイクリングで使用するMTBには、フロントにノブが低いブロック、リアにセミスリックを装着するので、フロント / ラーセンTT、リア / トレッドライトを試してみたいです。

MAXXIS TREADLITE 仕様

「Treadlite(トレッドライト)」はドライコンディションでのハイスピードレースを想定して開発されたチューブレスレディのクロスカントリー用タイヤ。

サイズ
26×2.1、27.5×2.1、29×2.1
TPI
120
ビート
フォルダブル
重量
530g(26×2.1)、595g(27.5×2.1)、630g(29×2.1)
Max PSI
60
カラー

『トレッドライト』の在庫検索


    このポストに関連する記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。