MAXXIS-Tire_topimg

【26インチ / MTB XCタイヤ】MAXXIS

MAXXIS-Tire_topimg
『MAXXIS(マキシス)』ブランドの、26インチホイール用「XC(クロスカントリー)タイヤ」をセレクトしました。悪路でのグリップ性能を高めたレースやトレイル向けになります。

マックスライト285

特長
重量わずか【285g】の最軽量のMTBタイヤ。 ロードタイヤで用いられるMAXXISのハイケーシングテクノロジー「ONE70」(170tpi)の採用により滑らかな乗り心地と転がり抵抗の軽減を実現。 自らの限界を超えることを使命としたレーサーのために用意された決戦用タイヤです。
サイズ
26×2.0
ビード
フォルダブル
参考重量
285 (g)

アイコン チューブレスレディ

特長
レーサー用にも最適な軽量レーシングタイヤ。MTB 3C(トリプルコンパウンド)テクノロジー、ハイボリュームケーシングと転がり抵抗の軽減のためのトレッドデザイン。 あらゆるライディングコンディションにおいて、際立ったパフォーマンスを発揮。
シーラント剤を使用することでチューブレスタイヤとして使用することのが可能。
サイズ
26×2.2
ビード
フォルダブルワイヤー
参考重量
535 (g)

ビーバー

特長
ウェット用レーシングタイヤ。
マッドからウェットコンディション対応のトレッドデザインを採用したタイヤ。ハイボリュームケーシングとデュアルコンパウンドテクノロジーの組み合わせにより、マディ路面でも安定したハンドリングを実現。
サイズ
26×2.0
ビード
フォルダブル
参考重量
470 (g)

クロスマーク

特長
スイス国旗をモチーフにノブデザイン。クロスカントリーの元ワールドカップチャンピオン クリストフ・サウザーがデザインに関わったレーシングタイヤ。
間隔の狭いセンターブロックは転がり抵抗を激減させます。さらに、ノブパターンによって濡れた木の根や岩の上でも良好なグリップを発揮します。サイドノブはやや高めの設計により、高速域コーナリングでの安定をはかっています。
サイズ
26×2.25
ビード
フォルダブル
参考重量
640 (g)

ラーセンオリフレイム

特長
シルクワームテクノロジーを採用したセミスリックパターンのタイヤ。
ラーセンオリフレイムは硬く引き締まった路面で威力を発揮するです。中央のノブは複合パターンによって転がり抵抗とグリップの両立を果たしています。タイヤサイドはブロックノブを採用してコーナリング時に威力を発揮。
サイズ
26×2.0
ビード
フォルダブル
参考重量
540 (g)

ラーセンTT

特長
走りの軽さが自慢の定番MTBタイヤ。
走行面に密集して配置された台形ノブは劇的な転がり抵抗の軽さと高速安定性を実現。台形頂点の平らな部分は登りでのトラクションとブレーキング力のアップを担っています。
サイズ
26×2.0
ビード
フォルダブル
参考重量
545 (g)

イグナイター チューブレス

特長
ドライからウェットまでオールウェザーに対応するXCタイヤ。USTチューブレスモデル。
五角形のブロックが効果的に路面を捉え、不安定な路面でも確実なグリップを発揮。ドロ詰まりのしにくいノブパターンを採用し、マディ路面での影響を受けにくい。レースから山遊びまで対応するオールラウンダーモデル。
サイズ
26×2.1
ビード
フォルダブル
参考重量
700 (g)

ランチェロ

特長
アスファルトからダートまで使える 究極のオールラウンドタイヤ。
独特なブロックパターンの配列は驚異的な転がりの軽さとサイドグリップを両立。エアボリュームによって吸収しきれないショックを緩和し、高い振動吸収としなやかな乗り心地を提供します。
サイズ
26×2.0
ビード
フォルダブル
参考重量
590 (g)

アーデントレース チューブレスレディ

特長
テクニカルなセクションの続くXCレースやエピックMTBライドに向け開発。
ランプ上に形成されたセンターノブはストレートセクションでの転がり抵抗の軽減を、 ミディアムハイトで斜めに配置されたサイドノブは荒れたコーナーでも路面を捉えます。タイヤの方向性としては、ピュアXCレーサーの「アイコン」と、ハードトレイルタイヤ「アーデント」の中間です。
オールラウンドにトレイルのアップダウンを楽しむライダーにおすすめ。
サイズ
26×2.2
ビード
フォルダブル
参考重量
650 (g)

    このポストに関連する記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。