GIANT TCX 0でプチ悪路サイクリング

0507

ここ最近のプチトレにはシクロクロスに乗る機会が増えて来ました。シクロクロスがマイブームという事もあります。

愛用するシクロクロスバイクはGIANT TCX 0。一年近くパーツ交換もする事無く、粛々と乗って来ましたが、最近サドルのみ交換です。標準ではFIZIK ALIANTE DELTAで、意外やフィット感も良く、レーパンを履かない私でも、お尻が痛くなる事はありませんでしたが、やはりmyお尻にベストフィットなSDG・BEL-AIRへ換装する事にしました。

i-BEAMマウントのBEL-AIRも検討したのですが、スペアチューブと工具を入れるサドルバックを装着したかったので、スタンダードなモデルを選びました。

0507-2
サドルを換装したので、フィッティングを含めたサイクリングに出掛けました。
ルートは地元から離れたダートトラックと、所々ガレている山道を走り抜けます。通常のロードバイクでは、とても走破出来ない路面を走るのは「とても楽しい!」し、またアクセスまでの舗装路麺はロード並みの速度と快適さです。

シクロクロスなので当然サスペンションなどのショックを緩和するデバイスは無いのですが、振動吸収性の高い700cホイールと大径カーボンフォークの恩恵で、角のある初期衝撃は緩和されます。ある程度は抜重しないといけないので、バイクコントロールの良いトレーニングになっています。

それにしても予想以上の走破性。どこまで大丈夫なのかチャレンジしたくなりますが危険か… とりあえず沢山乗って悪路走破テクを磨きたいものです。