GIANT TCX 0 カンチブレーキが課題

GIANT TCX 0をフラットバーハンドルから元のドロップハンドルへ戻しました。戻した理由はフィッティングにありました。

フラットバーならではのバイクコントロールしやすさは気に入っていたのですが、上半身の前後長が詰まっているため、巡航時はエンドバーを持たないとポジションが窮屈でした。ハンドルバーの位置を高い設定にすれば、その人の乗り方や体格によって適合する場合はあります。私の好む低いポジションだと前後長が短いと腰がつらくなってしまいます。

ということで、早速受け取ったドロップハンドルのTCX 0、チョイ乗りでも自然なフィッティングが出ている感じ。TCR ALLIANCE SEの初乗車の時もいきなりフィッティングが出ているような感じでした。サイズがおおよそ適合していれば乗り出しから快適のようです。

フィッティング以外で気になるところといえばブレーキ。ドロップハンドルとカンチブレーキの相性は最高とは言えず、ブレーキレバーを引いた時の制動力が弱い。このあたりは今後の課題として改善していきたい。

それにしても、2台のロードともデフォルト状態でスッと乗れるのは嬉しい。さんざん苦労したTRANCE ADVANCEDのフィッティングとは大違いだ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。