TCR ALLIANCE SEの乗り心地と変速フィーリング

TCR ALLIANCE SEの乗り心地

0802

GIANT TCR ALLIANCE SEの乗り心地とSRAM RIVALのフィーリングを確かめる為に試走して来ました。

GIANTのTCRはロードレースを重点に開発されたモデルですが、フレーム素材に種類があり、フルカーボン、アルミカーボンの複合、アルミとあります。情報によるとGIANTのフルカーボンモデル(ADVANCED系)は剛性を上げてある為に、かなりガッチリした乗り味なのだそうです。

私の使用するモデルはTCR ALLIANCEなので、上半分カーボン、下半分アルミの複合モデルですが乗り心地は、ある程度快適な方に振ってあると感じています。

路面衝撃の身体への伝達フィーリングは、角の丸い衝撃や大きなウネリは、フレーム前後でかなり上手に衝撃を緩和しますが、角のある突き上げは「ガッ!」っという衝撃が来ます。荒れ気味のハードな路面を通過する時は「ガガガッ!」と若干強い衝撃が伝わるでしょう。
これでも、ある程度の乗り心地は確保してあるので、レースからツーリングまでオールマイティに使えるバイクだと思いますね。

また、下半分がアルミだからか、高い入力にも応えてくれる感じでダンジングでもシッカリしています。

RIVALの変速フィーリング

またTCR ALLIANCE SEには軽量なSRAM RIVALを装備。シマノのデュアルコントロールレバーは変速する時にブレーキレバーも動かさないといけないのですが、SRAM系はブレーキレバーの内側にあるレバー一本で変速を完了させる為にブレーキレバーが動きません。個人的にはブレーキレバーが動かないカッチリ感のあるSRAMが好きです。

変速する時のレバー移動量ですが、どちらも大きく変わらない感じがしますが、小さいスプロケットから大きいスプロケットへ変速する場合のフィーリングが少し違います。シマノは変速する指の入力は均一していて全体的に軽い動きでスルッと変速しますが、SRAMの変速入力は少しだけ重くなって行って最後に「バチン!」変速する感じです。

変速させる方式が全く違うのでフィーリングは当然違います。この変速フィーリングは好みの問題なので、どちらが良いとは言えないですね。実際私はどちらも好きです。




TCR ALLIANCE SEの乗り心地と変速フィーリング」への2件のフィードバック

  1. けん坊

    初めまして、けん坊と申します。アライアンスは、まず見た目がかっこいいですね!重量も、かなり軽いですし。

    スラムは使ったことが無いのですが、良いみたいですね。

  2. mt-biker☆izumi 投稿作成者

    けん坊さん>

    はじめましてo(^^o)(o^^)o

    2010年のALLIANCEはフレームもフルモデルチェンジ!コンポーネントは全てRIVAL(ライバル)になってお買い得満載ですね。

    SRAMはバキバキと変速するフィーリングがアメリカ人らしい(ん!?開発は誰?)です。
    シマノのスーパースムーズな変速フィーリングは、いつも「さすが!」と思わされる素晴しさです。疲労が極限な状態からの操作ならシマノ製の方がミスが無いような気もします。

    是非どちらもお試しあれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。