タグ別アーカイブ: GIANT / TCX 0

SORA BR-R353

シクロクロスのブレーキをカンチからミニVブレーキへ換装【その2】

前回のブレーキ換装思案から、少し時間が経ってしまいましたが、遂に先日、私のシクロクロスバイク『GIANT TCX 0』がコンパクトVブレーキ化しました。
GIANT TCX 0
最初に結果を言っておくと、制動力に関しては非常に満足できるものになりました。

換装したコンパクトVブレーキ『SORA BR-R353』は、STIレバーとの組合せを推奨しないとシマノより公式アナウンスがあります。組み合わせるSTIレバーやバイクごとに状態が違う可能性があるので、これらの不具合には注意が必要です。

こんな感じで、装着にはなんらかのデメリットがあるようです。最悪ムダな投資になる可能性を覚悟しながらも「いろいろ悩むより実行」してみました。
SORA BR-R353
今回は、『TCX 0』のカンチブレーキ台座にコンパクトVブレーキを装着しています。
MTBに装着されるVブレーキよりブレーキアームがショート化されているので、見た目の違和感は非常に少ない。と言うより、個人的に気に入っています。

気になるブレーキ性能(制動力)は、カンチと比べると格段にアップしており、ブラケットを握った状態のブレーキングでも十分な制動力が得られる。これは、ブレーキパッドの当たり始めから明確な減速Gが感じられるくらい良好。また、カンチブレーキの時のように強い握力を必要としないところもイージで好感が持てます。
ただ、制動力がアップした分、ダートロードやシングルトラックの高低差のあるヘアピンでは『パスッ』と乱暴なブレーキングをすれば、後輪は簡単に滑り始めるので注意が必要でしょう。

さて、ココまで良好な作動状態だと、このブレーキレバーとブレーキパーツの組合せが非推奨なのを忘れてしまいそうですが…書いておきます。
ブレーキワイヤーを固定するボルトを外す
私のバイクでコンパクトVブレーキを装着した場合、ホイールの脱着が出来なくなります…実際には手間を掛ければ脱着できるのですが、それには条件があり、ブレーキワイヤーを固定するボルトを外さないと、Vブレーキアームが十分に広がらずホイールを外す事が出来ません。
タイヤのエアを抜いても関係なく外れないので、サイクリング先のパンク修理(チューブ交換)を考えると携帯工具は必須になります。

このデメリットを差し引いても、制動力とブレーキコントロール性能が格段に向上したので、個人的には大満足なブレーキ換装でした。

ロード系コンパクトVブレーキ

SHIMANO(シマノ)

SORA BR-R353

注意事項
シマノのコンパクトVブレーキは、フラットバーロードやクロスバイクのブレーキレバー用として設計されているパーツなので、STIレバー非推奨です。
その他
BR-R353]を探す