VooDoo SOBO 初インプレッション

VooDooレーサーフレームとは?

VooDooシリーズで最軽量を誇るSOBO(ソボ)が遂にリフトオフ。
早速セッティングとフィッティングです。

軽量なフレームはクロモリと違ってチューブも太く、チューブとチューブの結合部分は意外と大きく、細身のアッサリとしたクロモリフレームとの差は明らか。

セッティングと同時に気になるのがハンドリングと乗り心地ですが、ハンドリングはBIZANGOとの差は感じられない。BIZANGOのハンドリングは緩やかではないので、こんな感じでしょう。

さて、気になる乗り心地ですが、ハッキリ言って「硬い」。
バックカーボンなんて気休めになっているのか疑うほどギャップを拾いますが、鋼性は高く、荒れた路面にもシッカリとした印象です。お陰で路面の状況をシッカリと伝えてくれます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。