プロアスリートのMTBを視る 平野星矢選手 XHM9 RS

SHIMANO XTRで構成されたコンポーネント

1025-6

MTBファンとしてプロアスリートが使用する機材には「すこ〜く」興味がわくものです。なので、レース会場にあるBRIDGESTONEブースへお邪魔致しました。
1025
今回のバイクは、ここ数年でメキメキと実力を発揮し、ジャパンシリーズでも優勝を飾った平野 星矢選手(TEAM BRIDGESTONE ANCHOR)です。
このノホホンとした日常の顔と、レース時のキリリ顔のギャップが彼の個性でしょう。そのままに育って欲しい。
1029-4
彼のバイクは手前の2台(奥がスペアバイク)、ANCHOR XHM9 RSでアンカーXCバイクのフラッグシップモデル。サスペンションはROCKSHOX SID32 TEAM。コンポーネントとホイールセット、SPDペダルもSHIMANO XTRになっています。奥の2台は辻浦 圭一選手のバイクです。
1025-5
ハンドル回りのセッティングはこんな感じ。ステムはヘッドチューブトップまで落とさず少し上げてます。サスペンションのロックアウトレバーは左側に設置。
1025-4
シートポスとはバックポジションが出せるRITCHEY WCS-SEATPOST。サドル面はフラットなタイプで、若干後ろに引いたフィッティングになっています。
1025-3
私は知らなかったのですが、フロントディレイラー周りのプロテクトカバーがSHIMANOから一般に販売されていました。降雨時でも走行するXCバイクには装備しておく価値は高そうです。
1025-7
蛇足ですが、平野 星矢選手が愛用する、この重量のあるグリップですが、彼に選択した理由を尋ねたら「見た目が好きなんです」と言う回答でした(´艸`) 成る程ぉ〜見た目は大事ですよね!

平野 星矢選手、色んな質問に答えて頂いて有難う御座いました。


    このポストに関連する記事