【軽量8kg台グラベルロード】2016 SCOTT Addict Gravel Disc

新春、SCOTT(スコット)から久し振りにシクロクロスが登場。その新しいバイクはレース規格に沿って、ブレーキは油圧で最新のディスクブレーキマウント、フレームには超軽量のカーボン素材を採用しました。

ディスクブレーキを採用した『Addict CX』は、ハイスペックなCXバイクを求めるユーザーには吉報でした。しかし、何故かグラベルレーサーバイクの情報が出てこなかったSCOTT。ただ、時代の流れを考えると、欧米でも人気急上昇『グラベルロード』を出さないわけにはいかないでしょう。そういったユーザーの希望に応えるべく、SCOTTからニュージャンルのロードバイクが登場します。
scott-gravel-disc_topimg
それが『Addict Gravel Disc』です。

『Addict』のモデル名を冠する、このニューバイクは『Addict CX』のフレーム設計と非常に似ています。ただ、Addict CXはシクロクロスをメインに開発されているピュアレーサーなので、採用素材には高価な『HMXカーボン』を使用。これによって、質量を非常に軽くおさえペダリング入力にロスなく素早く反応する設計となっています。

それとは違った『Addict Gravel Disc』は、ダートから受ける振動を積極的に吸収させる方向性で開発したため、柔軟な『HMFカーボン』を採用しました。
Scott-Addict-Graveldisc_headerview
Addict CXとAddict Gravel Discは、採用されているフレームが同様な形状。それに伴ってか仕様の共通部分は多く、ケーブルやブレーキホースはフレームとフォークへの内葬式とされ、他にもヘッドステアラーのテーパード化(1 1/8” to 1 1/2” )、ブレーキキャリパーのフラットマウント、ボトムブラケット等があげられます。予想外だったのが、Addict Gravel Discはグラベルロード専用なので、大きなタイヤクリアランス有する設計と思ったのですが、装着可能なタイヤはシクロクロスモデルの変わらないです。
Scott-Addict-Graveldisc_chainstay
ということで、両バイクのシートステイやチェーンステイを見てもモデルを見分けるのは困難。ちなみに、完成車へ装着されているタイヤは700 × 35c。
Scott-Addict-Graveldisc_rearparts
Addict Gravel Discのドライブ系は『SHIMANO(シマノ) / ULTEGRA(アルテグラ)』の22速で、チェーンリングは50-34tのダブル。ブレーキは油圧ディスクブレーキで、マウントはフラットマウントを採用。その他のパーツは『syncros(シンクロス)』の高品質パーツでまとめてあります。
Scott-Addict-Graveldisc_frontaxle
前後のアクスルは定番のスルーアクスルで、前輪が15ミリ、後輪が12ミリ。

注目の重量は、シクロクロス Addict CXに迫る軽量なもので、HMFカーボンフレームでも1000グラムを切る【990g】。HMFカーボングラベルフォークが【400g】と他社と比べても軽量ぶりが目立ちます。

質の高い軽量パーツで組上げられたSCOTTのグラベルロード、完成車重量はペダルレスで【約8.4kg[公式情報 8.26kg]】と素晴らしい軽さです。

他社グラベルロードの重量は、カーボンフレームを採用したモデルでも重量が9kg近いモノが多いなか、8kg前半を達成するAddict Gravel Discには、そのコンセプトに沿ってフェンダーやキャリアを搭載するダボなどは一切用意されません。方向性としては、日帰りかフレームバッグを利用した短期間のツーリング。または、レースイベントで好成績を出すことを目的とした、非常にレーシーなグラベルレーサーなのでしょう。

販売されるAddict Gravel Discのグレード分けはされず、ドライブトレインがULTEGRA一択のワングレードの予定。発売時期は2015年の11月頃で、販売価格はまだ決定していません。【参考価格 495,000円の予定】




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。