自転車用ヘルメット

kabuto_topImg

頭が痛くならないヘルメット

デザインや色が気に入ったヘルメットを購入したのはいいけど、さっそく被ってサイクリングへ出掛けると頭が痛くなってくる…初めてヘルメットを購入したサイクリストが遭遇する可能性の高い悩み。なぜ、そんな事が起こるのでしょうか?

多くの症状は、ヘルメットの形状と頭の形が合っていないからです。
これは、人種によって頭部の形状が異なるのことが原因。

東洋人の多くが『丸形』なのに対して、欧米人は『楕円形』な形状が多いのです。

ヘルメットブランドの多くは海外メーカーなので、大多数である欧米人の頭部形状に合わせた設計が多く、見た目に惹かれて『楕円形型』ヘルメットを選択すると、ヘルメット内部の幅が狭いため、頭部が締め付けられ「ヘルメットを被ると頭が痛い」ということになるのです。

解決法としては、日本人の頭に合うヘルメットを購入する事なんです。
その代表たるブランドが日本メーカーの『OGK』。当然、日本ブランドなので東洋人に合う『丸形』形状を採用しています。

『OGK』はモーターサイクルから自転車用のヘルメットを設計生産するブランドで、国内では一番人気とシェアを誇ります。
また、機能美や快適性を追求して「かぶるヘルメットから、着るヘルメットへ」と、装着していることを忘れさせるようなヘルメットを目指して随時開発をおこなっています。

ヘルメット選択で迷ったら、まず『OGK KABUTO』シリーズを選んでみて下さい。

OGK – KABUTO(カブト)

ロードバイクでの爽快なサイクリングから、通勤通学や街乗り。JCF公認ヘルメットなので、レース/サイクルイベントまで対応する自転車向けヘルメット。

リガス 2

regas2
『リガス2』は、バイザー装着も可能なオンロードからオフロードまで使用可能なモデル。
ヘルメットのズレやブレを抑えるCL-8(クロニウムロック8)、エアインテークからの虫の侵入を防ぐだけではなくフィット感向上にも働くA.I.ネット、エア導入効果を目的とした通気性重視のノーマルインナーパットセットは5mmと7mmが用意されています。バイザーも付属していますので街乗りやツーリングはもちろん、JCF公認ヘルメットなので公式競技にも出場可能です。
リガス2 レディース

regas2-ladies
『リガス2 レディース』は、細身のシルエットを実現した女性専用ヘルメットで、オンロードからオフロードまで使用可能なモデル。
ヘルメットのズレやブレを抑えるCL-8(クロニウムロック8)、エアインテークからの虫の侵入を防ぐだけではなくフィット感向上にも働くA.I.ネット、エア導入効果を目的とした通気性重視のノーマルインナーパットセットは5mmと7mmが用意されています。バイザーも付属していますので街乗りやツーリングはもちろん、JCF公認ヘルメットなので公式競技にも出場可能です。
ガイア R

gaia-r
『ガイア R』は、kabuto往年の名作ヘルメットがエントリーモデルとして復活しました。
現在のテクノロジーで再設計されたガイアRは、普段使いやツーリングに最適なシンプルスタイル。A.I.ネット、XF-3アジャスターといった快適装備を備えながら低価格を実現しました。また、全カラーにXL/XXLサイズをラインナップしており「横幅があって被りやすい! 」と高評価を得た初代ガイアの流れもしっかりと受け継いでいます。
レフ

leff
『レフ』エントリーモデルながらレースでの使用公認も取得している本格派。
大幅な軽量化と、より細やかな微調整を可能にした新型アジャスターシステム「XF-2」を採用。4段階角度調整も可能。エアインテークからの虫の侵入を防止する「A.I.ネット」を採用し、さらに頭全体を包み込む高いフィッティング効果も得られます。
ロードでもMTBでもジャンルにこだわらずマルチに使える簡単脱着式のフロントバイザーを装備。
フィーゴ

figo
『フィーゴ』は、普段使いで手軽なスポーツタイプのヘルメットが欲しい人、これから自転車を初め、将来的にはイベントやレースにも参戦したい人、オンロード、オフロードを問わず最初のヘルメットとして最適です。
トップアスリートも使用するREDIMOS等の上位モデルのスタイリングを踏襲しながらも、普段着ともコーディネイトがしやすい丸みを帯びたデザインとなっています。装着時にヘルメットのズレやブレを抑えるCL-8(クラニウムロック8)を装備することで優れたフィット感を実現。
日本自転車競技連盟公認を取得したヘルメットなので、レース参戦時に使用できます。
ファロー

faro
『ファロー』は、サイクルアクセサリーのトップメーカーであるキャットアイと
kabutoのコラボレーションから誕生したヘルメット。
公式レースに使用可能なJCF認定を取得。ストリートでの使用はもちろん、さらに夜間走行時には、ヘルメット頭頂部にキャットアイ製ライトが取り付けられる専用アタッチメントを同梱。このアタッチメントには、キャットアイ製GPSカメラ“INOU”も装着できるので、走行記録もデータとして残すことが可能。
快適機能として、着脱可能なバイザー。虫の侵入や被り心地を向上させるA.I.ネット。エア導入効果を目的とした2サイズのインナーパッドセット。消臭素材を利用したMOFF生地をチンストラップなど、安全性・快適を追求しています。まさにファンライドを実現するためのヘルメットです。
マキシティ

maxcity
『マキシティ』は、街中でもさり気なく見えるヘルメット。
ファッショナブルなスタイルにレーサー指向のヘルメットは、そのデザインから装着を敬遠されていました。そんなイメージを払拭するコンセプトで生まれたのが「MAXITY」です。MAXITYはKABUTOコンセプトの1つ、「かぶるヘルメット」から「着るヘルメット」という概念をストレートに表現した普段着ヘルメットです。
頭を包み込む感覚で優しいフィッティングを実現。虫の侵入や被り心地を向上させるA.I.ネット。スナップタイプの新しいロック機構『クラニウムロック-9』を採用しました。
クリフ

cliff
『クリフ』は、サイクルスポーツはもちろん、スノーシーンまで幅広く使えるオールラウンド&エクストリームフォルム。各スポーツカテゴリーのOGKサポートライダーも様々なシーンで着用している信頼のモデル。
日本人の頭部形状にジャストフィットする独自のフリーサイズ設計。内装生地に通気性の良いメッシュ生地を使用し、快適な装着感をキープ。サイズが大きい場合や部分的に内装が当たっていない部分には、付属のサイズ調整スポンジで装着感を調整可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。