ROCKSHOXサスのオーバーホールを見学

現在のMTB乗りに欠かせないのがサスペンションでしょう。
ただ、ハードに使えば使うほどメンテナンスが必要かつ重要に成ってきます。

今日は、サスペンションのオーバーホールについての記事。
作業は熊本のバイクストア Fabbrica(ファブリカ)さんです。Fabbricaの野村さんは、自転車の事はもちろん、サスペンションについても高い技術を習得しえおられる頼もしい存在。

この日は、RITCHEY PLEXUSに装着するROCKSHOXのPsylo RACE デュアルエアのオーバーホールをお頼みしました。

早速サスペンションの分解に入ります。

分解しながら中のオイルを抜いていきます。
抜いているオイルが汚れていないのには理由があるのですが、割愛!
この辺りも手際よく効率的に作業が進みます。

サイロレース・デュアルエアを全て分解するとこんな感じ☆

これから組み立てに入ります。
サスのオーバーホールで密閉に重要な耐圧オイルを付ける

インナーのオイルにも専用の赤い特殊なオイルが入ります。

ロックアウト・コントロールシャフトにも上とは別の赤いオイルが付けられます。

チューブ内のエアを取り除く為の作業が丁寧に行われます。

フォークの下からオイルを注入して密閉すれば終了です!

ROCK SHOX以外のメーカーのオーバーホールも行っているので、サスのメンテナンス関連の疑問など気軽に尋ねられる事をお勧めいたしますよ。

スムーズに動くサスで、楽しく安全なライディングを!


    このポストに関連する記事



ROCKSHOXサスのオーバーホールを見学」への4件のフィードバック

  1. 坂道登

    オーバーホールの様子とサスペンションの構造が良く判って勉強になりました、ところで「抜いているオイルが汚れていないのには理由があるのですが」が凄く気になります、次回にでも教えてくださいませ。

  2. 雁回山

    mt-bikerさんは、色々な方をご存知ですね。野村君とは十数年来のレース仲間です。今度会う機会があられたら、宜しくお伝えください。

  3. izumi 投稿作成者

    >坂道登さんへ
    画像事態はまだ沢山あるのですが、掲載スペースの問題と秘密な部分がありますので、この程度の画像アップとなりました。
    オイルの件は、今度直接お会いした時にでもお話致します(^_^)

  4. izumi 投稿作成者

    >雁回山さんへ
    いえいえ、こちらから野村さんを侵略しておりまして…(*´艸`*)
    野村さんはコアな専門パーツ等の知識も広く、
    とても丁寧な対応に心惹かれております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。