【グラベルロード】LOUIS GARNEAU LGS-HST1 [Chromoly]

ブランド

『LOUIS GARNEAU(ルイガノ)』は、カナダに本拠地をおくスポーツ用品ブランド。創業者はブランド名と同じくルイ・ガノー氏で、元自転車トラック競技選手として活躍しました。
現在日本で販売されるルイガノ自転車は、ルイガノ社より商標使用許可を得たアキコーポーレーションが企画販売しています。リーズナブルなシティサイクルから、ミドルクラスのコストパフォーマンスが高いロードバイクやマウンテンバイクを展開させています。

バイク

louis-garneau-lgshst
『LGS-HST1』はルイガノが近年ラインナップに加えたクロモリフレームの完成車モデル。採用したクロモリチューブは、イタリアのチューブメーカーの『Columbus(コロンバス)』。選択されたチューブは『THORON(トロン)』で、強度と重量をベストバランスに仕上げています。このチューブはグラベルルートの走行でもフレームの信頼性は高く、アルミフレームと比べ振動吸収性も良く、素材特有のしなやかなフィーリングを楽しめます。

フロントフォークは、普通のロードバイクとほぼ変わらないスタンダードなカーボン製フォークで、ディスクブレーキ台座を備えておりアクスルはクイックリリース仕様となっています。

最大のタイヤクリアランスは公表していませんが、完成車には28c幅のタイヤを履いても、フォークやシートステイでは横幅の余裕がみられるので、もう少し幅のあるタイヤも装着できそうです。しかし、チェーンステイ(リアセンター)長がサイズ共通で408mmと短めの設計であるため、センターノブ(ブロック)付きのタイヤ装着は難しいでしょう。

ドライブ系は『SHIMANO 105』の11速で、ワイヤー作動のディスクブレーキに対応。ブレーキは『TRP / SPYRE』という機械式。ブレーキキャリパーの内部構造は油圧式と同じように両面のブレーキパッドが作動して、ブレーキローターを挟み込む仕様。これによって、ブレーキ制動能力は高く調整が容易になっています。

また、ロングツーリングに対応するために、リアキャリアのダボが用意されています。

仕様・ジオメトリ

サイズ
430mm, 470mm, 510mm, 550mm
フレーム
COLUMBUS THORON
フォーク
CARBON FORK
アクスル
前[QR]、後[QR/OLD 135mm]
ローター径
160mm
対応タイヤ幅
N/A
重量
10.57kg(size 510mm)
価格
¥213,840(完成車)
備考
リアキャリア装着用ダボあり

ジオメトリ【補足】
TT=トップチューブ長(ホリゾンタル)、ST=シートチューブ長、CS=チェーンステイ長、WB=ホイールベース長。

Size 430mm 470mm 510mm
TT 515mm 525mm 540mm
ST 430mm 470mm 510mm
CS 408mm 408mm 408mm
WB 990mm 991mm 998mm



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。