【グラベルロード】2016 KONA Roadhouse [Reynolds 853 – Chromoly]

バイク

kona-roadhouse
KONAのオールロードバイクといえば『Rove(ローブ)』シリーズで、おもにアドベンチャーバイクと呼ばれる、あらゆる路面コンディションを走行するロングツーリングユーザーをターゲットに開発されたバイクでした。そこに軽快なスポーツ性能を追加させたバイクが『Roadhouse(ロードハウス)』です。

このバイクの特徴は、フレームチューブにマンガンモリブデン鋼の『Reynolds(レイノルズ)853』を採用していることと、Roveシリーズと比べて短いホイールベース長であることです。

Reynolds 853は、多々あるスチールチューブのなかでも軽量級。薄い肉厚によって製造できるチューブなのでフレーム軽量化が可能なこと、引っ張り強度・金属疲労などに対して高い性能もつ最高級スチールパイプです。また、フレーム素材にスチール鋼を採用することで、アルミやチタニウム合金では体験できない【しなり】や振動吸収性を発揮します。

ジオメトリを確認すると、ロードバイクに近いホイールベース設計にしたことで、Roveシリーズとは違いヒラリ感の高い旋回能力をもっており、S字コーナの切り返しも得意です。また、チェーンステイ長は【422ミリ以上】とシクロクロスバイク並みに長い設計となっているため。センターノブの付いたタイヤの装着もできることでしょう。

Roadhouseは、近年開発されたバイクらしくヘッドチューブとステアコラムをテーパード化させて強度とコントロール性をアップさせています。フォークはシクロクロス並みに太いカーボンフォークを装備。アクスルにはフロント15 × 100mm、リア12 × 142mmを採用して強度アップをはかっています。

このバイクは完成車のみの販売。ドライブ系はSHIMANO(シマノ)105をメインに、ブレーキもSHIMANO製RS505油圧ディスクブレーキ。キャリパーマウントは新型のフラットマウント。ブレーキローターは140mmに対応。

また、フレームとフォークにはマッドガードとリアキャリアの搭載を可能としています。

タイヤ周りでは、ホイールが『Novatech Road 30 Disc』で、タイヤは『Schwalbe S-One RaceGuard 700x30c』を履いています。標準タイヤは、ノブが出っ張らない菱形スリットが入ったセミスリック系。このタイヤがRoadhouseの方向性を語っています。

仕様・ジオメトリ

サイズ
49cm, 52cm, 54cm, 56cm, 58cm, 61cm
フレーム
Reynolds 853 Butted Cromoly
フォーク
Kona Carbon Road Disc
アクスル
thru-axle 前[15 × 100mm]、後[12 × 142mm]
ローター径
140mm
対応タイヤ幅
N/A
重量
10.2kg(size 54cm)
価格
270,000円(完成車 / 税別)
備考
マッドガードとリアキャリアの搭載可能

ジオメトリ【補足】
TT=トップチューブ長(ホリゾンタル)、ST=シートチューブ長、CS=チェーンステイ長、WB=ホイールベース長。

Size 49cm 52cm 54cm
TT 520mm 535mm 550mm
ST 490mm 520mm 540mm
CS 422mm 422mm 422mm
WB 993mm 994mm 1005mm

【追記:Roadhouseを注文しました。】
本日[2015年10月2日]、KONA Roadhouseを発注してきました。入荷予定は今月の10月らしいです。注文したサイズは【49】です[管理人の身長約166センチ]。完成車の重量情報がキャッチできなかったのですが、実際に入手するので、これで重量の実測ができます。このバイクが気になる自転車ファンは、今後の情報を楽しみにしていて下さい。[管理人:mt-biker☆]

【追記:Roadhouseが納車されました。】
Roadhouseを入手することができました。以下の投稿で実走を含めたレビューを更新しています。

ブランド

『KONA(コナ)』は、カナダ・バンクーバーを拠点に1988年に創業をはじめる。

ブランドイメージの一つに、カナダ「ノースショア」を取り入れていることから、DH(ダウンヒル)やAM(オールマウンテン)バイクに強いブランドと思われがちですが、創業当初からXC(クロスカントリー)バイクのラインナップを豊富に持ち、レースシーンでも数多くの勝利を挙げました。

近年は人気の高いロングストローク・フルサスMTBに、27.5インチホイールMTBと、ロードバイクのジャンル拡大に力を入れ、多くのラインナップをそろえています。




【グラベルロード】2016 KONA Roadhouse [Reynolds 853 – Chromoly]」への10件のフィードバック

  1. kei

    私もこのバイクに興味があり、blogを拝見してました。感想を楽しみにしています。

  2. mt-biker☆ 投稿作成者

    Kei様へ

    ブログ閲覧有難うございます。
    Roadhouseは名品チューブを採用しながらも最新の仕様で仕上げられた数少ないバイクです。最近、代理店から納期が若干遅れる可能性があることを耳にしましたが、年内入荷は間違いないと思います。つたないレビューですがご希望に添えれれば幸いです。

  3. yasu

    mt-biker☆様

    とても見やすく、分かりやすい解説で書かれている
    こちらのBlogがきっかけになり、私もRoadhouseを注文に走りました!

    しかし、、時すでに遅し
    2016年入荷分はメーカー予約完売との事でした、、トホホ
    久しぶりに琴線に触れるスペックに心躍っていたのですが
    考える事は皆同じですね、、、

    mt-biker☆様のレポートを楽しみにお待ちしております!

  4. mt-biker☆ 投稿作成者

    yasu様へ

    サイト閲覧ありがとうございます。
    つたない情報と解説ではありますが、なにかのお役に立てれば幸いです。

    この度は、記事をきっかけに同じバイクを入手するために行動されたことが嬉しいです。
    しかし、残念なことに予約完売ですか…2016年取扱いバイク案内に、Roadhouseの入荷数は少なめとの情報を聞いていたのですが、これほど早く完売してしまうとは予想外です。まだ、KONA日本のウェブサイトも2015年のままなのに、このモデルの人気が予想より多かったようです。

    欲しいバイクが、手に入らない辛さよく分かります。
    なにかの切っ掛けで追加入荷されると良いのですが、そのあたりが最後の希望でしょうか。

    Roadhouseの仕様に心踊られたyasu様のために、バイクを入手できたらレポート記事を書かせていただきます。そのレビュー内容で来期購入に少しでもお役に立てればと良いなと思っております。

  5. 道東のユーロR

    mt-biker☆様

     グラベルロードを検索してたどり着きました。
     とても分かりやすいサイトで参考になります。

     さて、mt-biker☆様の記事をみて私もこの機種に興味を持ち、早速自転車屋さんにいきました。
     在庫を確認したところ、(サイズ)49についてはまだ一台あるとのことで問屋の確認が取れました。

     今週末に妻の了承を得てから注文になるので、間に合うかどうかわかりませんが、もし49が駄目なら、その上のサイズは2台あるそうなので、173cmの私の身長ならそちらでもいいなかとも思っています。
     本当はジャストサイズがいいのでしょうけど。。。

     これからも記事を楽しみにしています。
     それでは、失礼します。
     

  6. mt-biker☆ 投稿作成者

    道東のユーロR様へ

    サイト閲覧ありがとうございます。
    自転車ファンの方のなにかのお役に立てて嬉しく思います。

    在庫がごく僅かながら確認できたとは、素晴らしいチャンス到来です。
    とうとう今日が期待の週末になりましたが、奥様から快諾はいただけたでしょうか?

    私もバイクの到着を楽しみにしているのですが、まだ自転車屋さんより到着の一報はありません。仕方がないのでノンビリ待っています。
    バイクが届いたら、なるべく詳細な情報が発信できるようにつとめます。

    道東のユーロR様の購入や在庫がどうなるのか気になりところです。
    それでは、素敵な週末をお過ごしください。

  7. yasu

    mt-biker☆様

    単刀直入ですが、私のジャストサイズである540サイズRoadhouseを注文する事が出来ました!!
    完売情報の後、こちらのサイトを参考に他車種も考えたのですが、どうしても諦める事が出来ず
    他の販売店に問い合わせた結果、12月初旬頃までには入手する事ができそうです!
    ご心配いただきありがとうございました!

    追伸
    本日、千葉県幕張で開催されている「スターライトクロス」会場にて短時間でしたが
    実車に試乗しました。
    感想は、、、こいつを選んで良かった!!
    Roadhouseを納車予定の方は「幸せなアツい冬」を迎えられると思います!!

    では失礼いたします。

  8. mt-biker☆ 投稿作成者

    yasu様へ

    Roadhouseの獲得おめでとうございます!

    今のところRoadhouseに類似するグラベルロードバイクは大手ブランドでは登場していないので人気が集中してしまいがちです。この在庫状況が厳しいなか、念願のサイズを手に入れることができたとは、なんて幸運でしょう。

    入荷状況はとりあえず押し気味。売れ筋を先に出荷しないと行けないので、下手すると来年に…ならないことをお互い祈っておきましょう。

    なるほど、羨ましいことに試乗できたのですね。そしてご満悦のご様子。私も乗れるのが楽しみです。鉄系フレームに、エアボリュームのあるタイヤに700cホイール。乗り心地はロングライドに合っているだろうと思います。

    お互いに「幸せなアツい冬」を迎えましょう!

  9. Kei

    こちらのコメント欄を見て、注文したところ時すでに遅しでした。
    サイズ540はやはり在庫がなく、入荷が未定とのことでした。
    やはり、こういったニッチなものを待っていた人がかなり多かったと後悔しています。

    スルーアクスルでリヤキャリアを付けツーリングに行きたいので、同じようなスペックで次の選択肢となるはスペシャライズドのDIVERGEのアルミかNINERのRLT9 STEELになります。
    NINERはかなり好みですが、フレームから組むと費用が・・・

    来年はほとんどスルーアクスルになると思いますので、早くも来年まで待つか悩み中です。^^

  10. mt-biker☆ 投稿作成者

    Kei様へ

    ふたたびコメント有難うございます。
    スポーツ自転車は高額なので、いろいろ悩んで最終的に買う算段になったら品切れだったという残念なことがあります。
    ただ、入荷未定という表現は『完売』とニュアンスが違うので、少量入荷の含みを残していますが、その辺りはどうなのでしょう。気になりますね。

    他のバイクを選択するなら、ジオメトリ的にSPECIALIZEDのDIVERGEは近いです。チェーンステイが短いのでタイヤの高さを注意しないとシートチューブに接触していまいますが。

    NinerのRLT9 Steelはホイールベース長めのアドベンチャーバイク寄りですが、荷物の積載性は高いです。同時にフレーム価格も少し高めです。

    スルーアクスルが気になるのであれば、2017年モデルを待つのもありですね。機材はどんどん進化しますし、他のブランドから新たなグラベルロードバイクが登場するでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。