【グラベルロード】KONA Roadhouse 納車ファーストレビュー[Review1]

待ちわびていたスチールフレームのグラベルロードバイク『Roadhouse(ロードハウス)』が遂に納車されました。
KONA Roadhouse【サイズ49cm】
注文は10月2日。そのころの入荷予定は10月頃でしたが、のちに年内入荷予定と変更になったので気長に待っていました。そして11月中旬、組み上がったバイクを本日入手できました。

すぐに乗り回してフィーリングを確かめたいところですが、日没が迫っていることもあって、ある程度フィッティングを済ませることにしました。これで後日、すぐに長距離走行が可能です。フィッティングは小一時間くらいかけて大筋で完了。

フィッティングでは、乗車ポジションを確認するため5km程度実走しました。漕ぎ出だしのペダリングに対して、クロモリ(実際はマンガンモリブデン)フレームらしいジワッとした加速が鉄らしく感じます。でも、ツーリングバイクのようにユッタリしたフィーリングではありません。この辺りは、やはりスポーツバイクなのです。

意外だったのは、乗り心地が予想外に柔らかいこと。フレーム素材に採用されたReynolds(レイノルズ)853は、質量が軽い分あるていどの固さがあるチューブなのですが、少し乗り回した感じでは、振動吸収性は良好でした。しかし、乗り心地に関しては、エアボリュームのあるタイヤや他のパーツ群の相乗効果の可能性が高く、今後ジックリとチェックしていきます。

バイクの詳細

今日はフィッティングのときに気付いた点をアップしていきましょう。
kona-roadhouse
まず、私が購入したフレームサイズは【49cm】と一番小さいフレーム。よくウェブサイトやカタログには、フレームトライアングルの見た目がカッコいい大きいサイズのバイクが掲載されます。そのかっこよさに惹かれて実際に小さいサイズを注文すると随分と印象が違うことが多いのです。[上記画像のサイズは56cm]
スローピングトップチューブ【KONA Roadhouse - size 49cm】
このあたりは変更できない身体(約166cm)の問題なので、見た目に関しては期待していませんでした。ところが納車されたバイクを見ると、トップチューブが大きくスローピングすることなく、大きいサイズとイメージがかけ離れず嬉しい誤算でした。

タイヤクリアランス
私がグラベルロードバイクで気になるのが要素の一つがクリアランス。ここに余裕がないと30c以上のタイヤが履けない可能性があります。
前タイヤクリアランス【KONA Roadhouse - size 49cm】
装着されているタイヤは[Schwalbe S-One RaceGuard 700x30c]。タイヤとフォークの隙間は、高さが15mmプラス、幅は片側が5mmプラス(合計10mmくらい)。高さには十分な余裕があるため、センターノブ付きのタイヤは装着可能です。タイヤ幅は隙間が少ない事から38cが限度かな?といったかんじ。

38cが履ければ結構タイヤ選びできそうですが、実はリア周りがシビアです。
シートステイ・タイヤクリアランス【KONA Roadhouse - size 49cm】
なぜなら、リア周りにはフェンダーを装着するブリッジがステイに追加されるため、縦方向のクリアランスが少なくなります。こちらのシートステイブリッジとタイヤの隙間は、高さは8mmプラスくらい。両幅は9mm(合計18mm)くらいありそうです。
チェーンステイ・タイヤクリアランス【KONA Roadhouse - size 49cm】
しかし、もっとシビアなのがチェーンステイ周りで、こちらはブリッジとの隙間は、高さだと5mmくらいしかありません。両幅は9mm(合計18mm)くらいです。

以上の情報をみていくと、幅30c以上のタイヤを選択する場合、リアタイヤを基準に選ばなければならないということです。

ホイール / タイヤ

Novatech Road 30 Disc Wheelset【KONA Roadhouse - size 49cm】
ホイール周りはハブも含めて[Novatech Road 30 Disc Wheelset]。グラベルロード用ホイールとしてはリムハイトが30ミリとリムサイドが高く、巡航スピードの維持に焦点を合わせているのか気になるところです。
Schwalbe S-One 30c【KONA Roadhouse - size 49cm】
タイヤは[Schwalbe S-One 30c]。菱形スリットと思っていたら小さくて丸く低いノブが密集したタイプ。舗装路をメインに走行しながら、たまに細かい砂利のダートロードを走ること狙っているのでしょう。
Schwalbe S-One 30c タイヤ形状
グリップの表面形状はスムーズな丸型で、安定性と軽快な倒し込み(リーン)のバランスをとったタイプ。
Schwalbe S-One 30c・指定エア圧【KONA Roadhouse - size 49cm】
エア圧は【3.5〜5.5ber】が推奨値となっています。ちなみに本日のフィッティング時は【3ber】設定で走行。舗装路では特に問題はありませんでした。

その他

あまり情報が上がっていないであろうパーツ類。そのほとんどがKONAオリジナルパーツ。
KONAロードステム【KONA Roadhouse - size 49cm】
ステムは【サイズ49cm】だと、長さ80ミリでライズ角は6度くらい。私はライズ角をマイナス6度でセット。
Kona Classic Road【KONA Roadhouse - size 49cm】
サドルはチタンレールを採用したKONAオリジナル品。サドルの厚みは薄めですが乗り心地が硬いイメージはありませんでした。
Kona シートポスト【KONA Roadhouse - size 49cm】
シートポスト上部にあるサドル固定用のヤグラは、前後のボルトでスライドと角度調整をおこなうタイプ。

さて、実車をみて気付いた情報を書いてみました。
次回は、KONA Roadhouse タイヤとホイール[Review 2]。そして、実走によるハンドリングやフィーリングなどの情報を、KONA Roadhouse 実走レビュー[Review 3]にてお届けいたします。

KONA Roadhouseインプレ




4 thoughts on “【グラベルロード】KONA Roadhouse 納車ファーストレビュー[Review1]

  1. Kei

    納車おめでとうございます。
    インプレを楽しみにしています。
    そして、やはり赤のバイクはかっこいいですね。

    私の方は、リンスキーを直接輸入しようと検討しています。
    グラベル系ではUrBAN-skeyがありますが、コンタクトを取ったところ2016ではなくなるそうです。
    また、フレームビルダーらしく、キャリアダボのほか、センタースタンドの台座などもオプションで付けられるなど他のメーカーにはない魅力もあります。
    ただ・・・・値段が高いのと、語学のない私の英語でコンタクトしなくてはいけないというのが最大の悩みです。^^

  2. mt-biker☆ 投稿作成者

    Kei様へ

    バイクの納車、だいたい丁度いい感じに来てくれたので良かったです。赤いバイク好きなので、乗っていないときも部屋で眺めて悦に入っています。

    さて、リンスキーを狙っていらっしゃるのですね。
    でも、UrBAN-skeyが2016年にはラインナップ落ちするとは何事なのでしょう。どちらかといえば、リンスキーのような玄人向けブランドがグラベルロードの開発を頑張って欲しいところですが。

    カスタムオーダーのバイクは、オプションを含めて個人にあったジオメトリで造ってもらえるメリットが大きいですよね。

    私も英語は得意ではないのですが、専用のオーダーシートとかがPDF等で配布されていないでしょうか。それに沿って記入していけば、だいたい上手く行きそうです。ただ、詳細な設定を頼む場合は英語を駆使しないとイケナイので、結構ハードル高いでしょうが。あと、送料が幾らになるのか気になるところですね。

  3. ラッコ

    こんにちは。
    HONKY TONKがほしい168cmのおっさんです。

    kona, ROADHOUSEの49cm、とてもカッコイイですね。
    ほかのreviewのページもよませていただきましたが、
    写真がお上手なのもあるのでしょうか?

    49サイズのHONKY TONKの実物はどんな感じなのだろうと
    気になっていたところ、このページをみつけました。
    ROADHOUSEとHONKY TONKはジオメトリがよく似ていますので
    とても参考になりました。

    ありがとうございました。

    ps
    機会があれば、油圧ディスクブレーキ用のSTIレバーの
    つくり(品質)の感想や操作感なども教えてください。

  4. mt-biker☆ 投稿作成者

    ラッコ様
    こんにちは、サイトの閲覧ありがとうございます。

    HONKY TONKは、Reynolds 520チューブを採用したクロモリバイク。適度な剛性と優れた振動吸収でロングライドが楽しくなるバイクです。

    49cmサイズのRoadhouseは、嬉しいことに小さいサイズでもフレーム形状が整ってて気に入っております。また、カッコよく見えるのは、バイクの素性の良さと、カメラ・レンズの性能による相乗効果があるためだと思います(笑)

    たしかにHONKY TONKとRoadhouseのフレーム形状が似通っていますから、撮影画像が購入希望者の方々の参考になれて幸いです。

    ご希望のSHIMANO 105のSTIレバーのフィーリング。次の機会に確認して情報をアップ致しますね。

    このたびは、コメントありがとうございました(^‐^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。