Lapierre crosshill【グラベルロード】

2017 Lapierre Crosshill【グラベルロード】

Lapierre crosshill【グラベルロード】

フランスのディジョンに本拠地を構える『Lapierre(ラピエール)』から遂にグラベルロードバイク『Crosshill(クロスヒル)』が発表された。同時に発表されてバイクと同じく2017年モデルです。また、バイクに関する詳細情報はアナウンスされていません。

バイク詳細

フレーム

ラピエール初のグラベルロードバイクCrosshillは、新設計のアルミフレームを採用している。このフレームチューブには「5マルチバデッド技術」を用いて最上級アルミロードバイクとかわらないスペックを手に入れています。

ジオメトリは、ダートを長距離を走り抜けるグラベルロードらしく、ライディング姿勢に余裕を持たせリラックスできるフィッティングポジション。それにハンドリングを安定させるためのロングホイールベースにするなど、同社のシクロクロスとは異なる設計。

Crosshillでは、振動吸収性をあげるためにフレームチューブにも独特な形状を採用している。同社のピュアロードレーサー『Sensiums』と同様にトップチューブとシートステイを湾曲にし、チューブ断面も強度・軽量・振動吸収をマルチに達成する特殊形状としました。

ボトムブラケットにはプレスフィットBBを採用。シートポストは軽量で快適な【27.2ミリ】にしている。

ブレーキシステムはディスクブレーキ専用設計。リアブレーキは【140ミリ】径ローターに対応。リアアクスルは【12 × 142mm】を採用する。

タイヤクリアランス【50ミリ】と非常に余裕があり、タイヤ選択は幅広く多様な路面に最適化できるでしょう。

また、ロングライドと全天候での快適性を追求して、フェンダーマウントとリアキャリアマウントを装備しています。

フォーク

フォークもグラベルロード専用に設計されたフルカーボンフォーク。ヘッドチューブと合わせてテーパーステアラーフォーク。

ブレーキはディスクブレーキ専用でローター径【160ミリ】まで対応する。フロントアクスルは【12 × 100mm】です。

サイズ

フレームサイズは6サイズ。最小の【XS】のホリゾンタル・トップチューブは【520ミリ】。小柄や女性ユーザーを意識した設計にはなっていません。しかし、シートチューブが短めであるため、ステム長を短くすることでフィッティングが上手くいく可能性が残されています。

ドライブトレイン / 他

完成車に搭載されるコンポーネントは『Shimano(シマノ)』製がメインで2種類。[105]と[TIAGRA]を選択できる。

採用されるチェーンリングは【50/40T】のコンパクト。リアのカセットコグは【11-32T】となっています。

仕様

バイクのコンポーネント・仕様は『CROSSHILL 500』です。

コンポーネント

サイズ
46、49、52
フレーム
NEW CROSSHILL DISC SUPREME 5 ALLOY THRU AXLE
フォーク
LAPIERRE GRAVEL DISC UD CARBON
シフター
SHIMANO HYDRAULIC ST-RS505 2×11-SPEED
ディレイラー
F [SHIMANO 105 FD-5800BM-L 31.8mm] / R [SHIMANO 105 RD-5800GS-L 11-SPEED]
クランク
SHIMANO 105 FC-5800-L 50×34 170mm (46, 49サイズ) / 172.5mm (52サイズ)
カセットコグ
SHIMANO 105 CS-5800 11-SPEED 11-32T
前後アクスル
前[12 × 100mm]、後[12 × 142mm]
ブレーキ
SHIMANO HYDRAULIC BR-RS505
ローター径
F [160 mm] / R [140 mm]
ホイール
LAPIERRE AERO DISC SP 700×19 THRU AXLE 12×100/15×142
タイヤ
SCHWALBE G-ONE 700x40c
重量
– kg
価格
¥329,000 (完成車 / 税別)
備考

ジオメトリ

TT=トップチューブ長(ホリゾンタル)、ST=シートチューブ長、CS=チェーンステイ長、WB=ホイールベース長。

Size XS – 46cm S – 49cm M – 52cm
TT 520mm 530mm 545mm
ST 460mm 490mm 520mm
CS 430mm 430mm 430mm
WB 1017mm 1019mm 1026mm



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。