【グラベルロード】Cervélo C5[carbon]

バイク特徴

cervelo-c5_topimg
サーヴェロ初のオールロードバイク。

常に優れた高性能バイクを世に送り出している『Cervélo(サーヴェロ)』から、期待の超軽量オールロードバイク『Cシリーズ』が登場してきました。

フレーム
『C5』は、グラベル(砂利道)でも高速巡航できることを念頭に開発されました。ただ、オンロードバイクのサーヴェロらしく、ターマック(舗装路)寄りに設計されたオールロードバイクです。

このバイクには、サーヴェロ独自開発の非対称オープン規格『BBright』を採用。これは、クランクの互換性を広くとりながらもフレーム全体の剛性を高め、なおも重量を減らすことが可能。[標準対応:SRAM, Rotor, FSA, Campagnolo(アダプター対応:Shimano)]
また、リアエンドのドロップアウトには圧縮成形カーボンを採用してエンド周りをシンプルにしながらも軽量化しました。

オールロード系としても軽量フレームを投入したC5のフレーム重量は、スモールパーツ込みで【850グラム】と、ターマック(舗装路)専用のピュアロードレーサー並みの軽さ。この重量から想像すると、かなり剛性が高くて硬めの乗り心地を覚悟しなければならないイメージですが、予想外に滑らかな乗り心地を提供するのがサーヴェロの凄さでしょう。
この辺りのフィーリングは、極細のシートステイと対照的なチェーンステイの構造にもあります。

快適性に優れたグランフォンドバイクの多くは、ペダリングパワーを掛けたばあい応答がにぶく、もたついた加速を強いられるものですが、このバイクでは素直な応答性をみせます。しかし、それは『R5』や『S5』のようなテキパキとしたモノとは差はありますが、『C5』にはバイクの方向性に合わせた適切な剛性とバランスを備えています。

これだけの柔軟性を備えたバイクになると、ロードレース『Paris-Roubaix(パリ〜ルーペ)』に実戦投入されるか興味津々ですが、サーヴェロ側はその可能性は低いとしている。

タイヤクリアランスは【32C】と、シクロクロスに近い隙間があり、バイクの方向性に合った広いタイヤ選択を可能にしている。完成車には[Continental Grand Prix 700x28c]が採用され、荒れた路面でも優れた乗り心地でライダーへの負担を低減させる。

リアのディスクブレーキマウント規格はフラットマウント。アクスルは【12 × 142mm】スルーアクスルに対応。

ケーブルや油圧ブレーキホース等はスマートなフレーム内装式を採用。また、将来のコンポーネントの進化に対応させるために、引き込み口には専用のアダプターを装備しています。

フォーク
フォークは『C5』に最適化された特別なフルカーボンフォークが採用された。
このフォーク重量は【350グラム】と超軽量なれども、グラベルロードに対応させるための振動吸収性と剛性を備える。また、カーボン製のステアラーチューブはテーパード化され安定した操作性に貢献している。

ディスクブレーキマウント規格はフラットマウント。フロントアクスルは【15 × 100mm】のスルーアクスル仕様。

設計
ジオメトリは、グラベル(砂利道)のロングライドを想定しているためアップライドポジションの設計。このためヘッドチューブは【180ミリ】と背が高いものになっています。
リアセンター(チェーンステイ)は【420ミリ】で、グラベルロードとしては少し短めですが、フロントセンターは長めの設定。

また、寝かせたヘッドチューブ角と長めのフォークオフセット【53ミリ(size 48/51:62ミリ)】を採用して安定性を確保。これらの設定により、曲がりくねった下りルートを走行する場合のトレース能力を高めています。
他にも、安定性を追加させるための低重心対策として、BBスタックハイトは【22ミリ(フレームサイズに依存)】に設定。[BBドロップは75ミリ]

これらによって、ライダーには楽なポジショニングと柔軟な操作性を提供し、あらゆる路面状況に対応しやすい設計としています。

ドライブトレイン / 他
完成車は、電動変速の[Shimano Dura-Ace Di2 9070]と機械式[Shimano Dura-Ace 9000]を選択することが可能。チェーリング・クランクは[Rotor 3D+ BBright™, 50/34t]、カセットコグは[Shimano Dura-Ace 9000, 11 spd, 11-28t]、ブレーキは[Shimano BR-RS805]を採用します。

この他、フレームセットの販売もあります。

Cシリーズには、上級グレードの『C5』と廉価グレード『C3』を用意。発売は、海外でC5が2015年12月下旬にデリバリーを開始。日本国内販売は2016年初頭。C3は少し先になります。

仕様(Di2)・ジオメトリ

サイズ
XS、S、M、L、XL
フレーム
Cervélo All-Carbon
フォーク
Cervélo All-Carbon, Tapered C5 Fork for Disc
シフター
Shimano Di2 ST-R785 11 spd
ディレイラー
F [Shimano Dura-Ace Di2 9070, 11 spd] / R [Shimano Dura-Ace Di2 9070, 11 spd]
クランク
Rotor 3D+ BBright™, 50/34
カセットコグ
shimano Dura-Ace 9000, 11 spd, 11-28
前後アクスル
前[15 × 100mm]、後[12 × 142mm]
ブレーキ
Shimano BR-RS805 Hydraulic Disc
ローター径
F [140 mm] / R [140 mm]
タイヤ
Continental Grand Prix 180 tpi, 700x28c
重量
– kg
価格
¥1,400,000(完成車 / 税別)
備考
¥680,000(フレームセット / 税別)

ジオメトリ【補足】
TT=トップチューブ長(ホリゾンタル)、ST=シートチューブ長、CS=チェーンステイ長、WB=ホイールベース長。

Size 48cm 51cm 54cm
TT 515mm 531mm 548mm
ST – mm – mm – mm
CS 420mm 420mm 420mm
WB – mm – mm – mm




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。