GIANT Toughroad SLR 0[2018・アドベンチャーバイク]

2018 GIANT Toughroad SLR 0 スペック

GIANT Toughroad SLR 0[2018・アドベンチャーバイク]

世界的にゆるやかながら着実にユーザーが広がっている『アドベンチャーバイク』。ここ数年は、大手ブランドからもグラベルロードより荒れたルートを走行できるモデルがラインナップ入りしています。こういったバイクは、操作をつかさどるハンドル形状はドロップ系が多めですが、フラットバーのバイクも少数派(※1)ながらもリリースしています。(※1:SALSAやSURLYからは多くラインナップされている)

今回ご紹介するのは、フラットバーハンドルのアドベンチャーバイク『Toughroad(タフロード)』です。

Toughroad SLR 0の特徴

Toughroad SLR 0はシリーズのフラグシップモデル。
重量の軽さと部品の耐久性のバランスがとられており。キャリアとパニアケース、またはフレームバッグを装備すれば、すぐさまハードパックロードの旅へ繰り出せるスペックを備える。また完成車でありながらも、かなりリーズナブルな価格設定になっている。

フレーム

2018年モデルのフレームは、従来モデルと同じくアルミニウム素材。アドベンチャーバイクではあるが、GIANTのアルミ素材としては最上位の軽量なSLRグレードを採用している。

また、フレームジオメトリは、2017年モデルから全て変更。とくに股下クリアランスが多くとられ、体格上の問題で2016年モデルを諦めていた小柄なユーザーには朗報となっている。

フォークは、新設計のスルーアクスルが採用されるかと思っていましたが、従来モデルと同じくQR 9 × 100mmのクイックリリースになっている。

ドライブ・シフター

ドライブ系は2017モデルと同じく[SRAM GX]で、フロントがシングルの1×11。チェーンリング、カセット共に歯数の変更はありません。ブレーキ系は[Tektro Slate T4 hydraulic]と、ここも同じく。

ホイール・タイヤ

2017年モデルから変更を受けたのがホイールとタイヤです。

ホイールはリムをチューブレス対応にして、スポーク本数を前後28本へ少なく。また、ハブを[Formula(フォーミュラ)]から自社製へと変更させています。

タイヤは[GIANT Sycamore S 700x50C]から[Giant CrossCut Gravel 2 tubeless 700x50C]とチューブレス対応のタイヤへ変更してアップグレード。低いエア圧によるグリップ・衝撃吸収と軽量化に貢献しそうです。

仕様

組み合わせられたパーツは、MTBで鍛えられた耐久性と操作性に優れた部品で構成される。2018モデルのジオメトリは発表されていませんが、情報がリリースされ次第更新します。

構成パーツ

サイズ
XS、S、M、L、XL
フレーム
ALUXX SLR grade aluminium
フォーク
Advanced-Grade Composite,Aluminum OverDrive Column
シフター
SRAM GX
ディレイラー
F [-] / R [SRAM GX]
クランク
SRAM GX 1000, 36T
カセットコグ
SRAM PG-1030, 11-42T, 11sp
前後アクスル
前[QR 9 × 100mm]、後[QR OLD 135mm]
ブレーキ
Tektro Slate T4 hydraulic
ローター径
F [160 mm] / R [160 mm]
ホイール
Giant PX-2 disc tubeless
タイヤ
Giant CrossCut Gravel 2 tubeless, 700x50c
重量
– kg
価格
– (完成車 / 税別)
備考

2016 GIANT Toughroad インプレ


    このポストに関連する記事

    関連する記事は見当たりません…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。