toughroad-slr0_topimg

2017 GIANT Toughroad SLR 0【アドベンチャー】

toughroad-slr0_topimg
『Toughroad(タフロード)』は、2016年からGIANT(ジャイアント)発売されたアドベンチャーバイク。近年流行のバイクパッキングに対応しており、純正オプションではフレームバッグのほか、キャリアやパニアケースを揃えている。

日本でのシリーズラインナップは、2016年は[SLR 1][SLR 2]でしたが、2017年は[SLR 0][SLR 2]となっている。

バイク

フレーム

2017年モデルは、フレームジオメトリやフレーム構造は2016モデルのまま変更はありません。強度と軽量さの絶妙なバランスをそなえたSLRアルミフレームに[SRAM GX 1×11]コンポーネントを採用した『SLR 0』が追加されました。

ボトルゲージの数、グラベル・マッドガード装備などの変更はありませんが『SLR 1』標準装備の前後キャリアは省かれています。

フォーク

フォークは、ハイスペックなカーボン素材を採用した[Advanced-Grade Composite]。アクスルは従来タイプのクイックリリース[QR 9 × 100mm]です。

サイズ

サイズは【XS(390)】から揃えていますが、最小のXSサイズのトップチューブ・ホリゾンタルが【580ミリ】と長いため、所有ユーザーを選びます。

GIANT直営店まで行けるなら、実車を確認することをオススメします。私は身長【約166センチ】なので【XS】を購入。パーツ変更なしでベストなフィッティングを得ています。

ドライブトレイン / 他

ドライブ系には[SRAM GX 1×11]を採用してフロントチェーンリングをシングルとしています。カセットコグの最大ギアが【42T】であるため登坂で困ることはありませんが、トップスピードは中速レンジが限度とおもいます。ただ、荷物を多数パッキングしてノンビリ走るユーザーであれば特に問題はないでしょう。

キャリア、パニアケース、フレームバッグ等の純正オプション多数あります。

仕様

コンポーネント

サイズ
390(XS)、420(S)、460(M)
フレーム
ALUXX SLR-Grade Aluminum OLD135mm
フォーク
Advanced-Grade Composite、Aluminum OverDrive コラム
シフター
SRAM GX 11S
ディレイラー
F [-] / R [SRAM GX 1×11]
クランク
SRAM GX1000 36T 170mm(XS、S)、175mm(M)
カセットコグ
SRAM PG1130 11S 11-42T
前後アクスル
前[QR 9 × 100mm]、後[QR OLD 135mm]
ブレーキ
TEKTRO SLATE T4
ローター径
F [160 mm] / R [160 mm]
ホイール
FORMULA DISC / GIANT P-X2 28、32H / SAPIM RACE 14-15G
タイヤ
GIANT SYCAMORE S 700x50C
重量
10.5kg(420mm)
価格
¥145,000(完成車 / 税別)
備考
キャリア、パニアケース、フレームバッグ等の純正オプション

ジオメトリ

TT=トップチューブ長(ホリゾンタル)、ST=シートチューブ長、CS=チェーンステイ長、WB=ホイールベース長。

Size 390 (XS) 420 (S) 460 (M)
TT 580mm 585mm 595mm
ST 390mm 420mm 460mm
CS 450mm 450mm 450mm
WB 1061mm 1067mm 1077mm

2016 GIANT Toughroad インプレ

2018 GIANT Toughroad SLR 0 スペック




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。