SALSA / EL SANTO セッティング0919

リアサスの可動フィーリングを試走でチェック

0810

先日、EL SANTOのサスペンション・セッティングを、かなりいい状態まで持っていきました。後日最終的なセッティングをするために再び林道入り。

EL SANTOのリアサス、マニトウ・SWINGER 3wayのポジエア圧85psi、サス作動制限エア圧40psiのままガレた登坂コースを上がって行きますが、若干路面に対して動き過ぎなフィーリング、また大きく窪んだ路面を通過すると、曲面をゆっくり目にトレースする動きが気になるので、ポジエア圧90psi、サス作動制限エア圧50psiへ変更したところ、リア周りが随分と落ち着いて自分好みの動きになって来ました。

下りの前後サスペンションの動き

0919-6

フロントフォーク・サスペンションのROCK SHOX SID32 Race PushLockのポジネガ圧は95/85psiです。登りでも無駄なストロークはせず、ピッチングは上手に納めていきます。
大よそのサスフィッティングが済んだので、荒れ気味ダートトラックを数本降ってサスの状態をチェックしましたが、前後のサスペンション共好感です。スピードがあるショックから、うねる様なギャップまで上手く処理してました。

これでEL SANTOのサスペンション・フィッティングはほぼ完了でしょう。後日シングルトラック&林道ツーリングに持ち込んで遊んでみます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。