cannondale-rival-cx1_topimg

【シクロクロス】cannondale / SuperX RIVAL CX1[Carbon]

バイク

cannondale-rival-cx1_topimg
『cannondale(キャノンデール)』のシクロクロスバイクといえば、シクロクロスを
愛するバイカーにとって気になる存在の一つ。

2016年モデルは、フレーム2種類の合計8モデルを用意しており、カーボンフレームを採用した『SuperX』と、アルミフレームの『CAADX』と大きく分けられラインナップも豊富。
しかし、日本での販売展開は数モデルだったりカーボンモデルがなかったりと寂しい現状があります。近年は関東関西方面で競技人口が増えてきたお陰か、2016年モデルはカーボンとアルミの2モデル登場することになりました。

『SuperX RIVAL CX1』はモデル名から分かるように、フレーム素材にカーボンを採用した競技をターゲットにしたモデル。フレーム素材には超軽量バリスティックカーボンを用いる。フレームとフォークの重量は合計で約1500グラムと、ディスクブレーキ対応のシクロクロスとしては随分と軽い。
このカーボン素材は非常に軽量に仕上げることが出来るだけでなく、強度と耐衝撃性能を併せもっており、振動吸収を必要とする自転車に適している素材です。

このバイクは、cannondaleの代表的な二つのモデルをベースに開発がされました。ひとつはロードバイクの『SuperSix』、もうひとつはXC(クロスカントリー)バイクの『Flash』です。これは、超軽量と高剛性の融合、それに高い入力に負けないフレームと開発課題の共通点がうかがえます。

シクロクロスバイクらしい高めに位置したトップチューブは楕円状に仕上げられ、担ぎと握りやすさを考慮した設計。トップチューブとシートチューブの結合部分を見ているとFlashの造形を思わせます。

チェーンステーとシートステーには、独自の衝撃吸収技術『SPEED SAVE』を備える。この機能は、チューブ断面をテーパーフラット化した特殊構造。トレイル走行時に受ける衝撃や振動を吸収するために垂直方向に動くマイクロサスペンションシステムです。それに対してコーナリング時は横方向の剛性を保ち、安定した走行を提供してくれます。

ヘッドチューブは、剛性の高いオーバーサイズヘッドチューブの設計。またステアラーチューブは安定したハンドリングとねじれ対策のためにテーパー[1-1 / 8 “1-1 / 4″]カーボンステアラーフォークを採用しています。

フレームはディスクブレーキ対応設計で[SRAM RIVAL]油圧ディスクブレーキを装備。装着するディスクローター径は、前160ミリ、後140ミリ。キャリパーマウントはポストマウントを採用しています。

ドライブ系はモデル名どおり[SRAM RIVAL]シリーズを採用。フロントチェーリングは[RIVAL 1]のシングルチェーリングクランクセットではなく[CANNONDALE SI]クランクに[FSA MEGATOOTH 40T]チェーリングを装着。カセットコグは[SRAM PG-1130, 11-28, 11s]と、フロントの歯数とあわせ競技に最適化した設定です。
シフターは詳細な型番を公表していないのですが、右側のみリア変速機構を載せたRIVALの11速仕様には違いありません。

ジオメトリを見ると、最小サイズだとトップチューブ長が510ミリの【サイズ 44】から用意してあり、女性ユーザーが選択できるバイクとして候補に入れてよいと思います。ただ、地面からトップチューブまでの高さを示す【スタンドオーバーハイト】には注意しましょう。
ホイールベースはシクロクロスとしては長めで、全てのサイズで1010ミリを超えています。また、チェーンステイも430ミリと長めの設定なので、装着タイヤは幅広く選べるうえに悪路での安定性は高いでしょう。

仕様・ジオメトリ

サイズ
44, 48, 52, 54, 56, 58
フレーム
SUPERX DISC, BALLISTEC CARBON, SPEED SAVE, BB30
フォーク
SUPERX DISC, BALLISTEC CARBON, 1-1/8″ TO 1-1/4″ STEERER
ディレイラー
F [-] / R [SRAM RIVAL CX1 SHORT CAGE]
クランク
CANNONDALE SI, BB30, FSA MEGATOOTH, 40T
カセットコグ
SRAM PG-1130, 11-28, 11-SPEED
前後アクスル
前[QR]、後[QR OLD 135mm]
ローター径
F [160 mm] / R [140 mm]
最大タイヤ幅
重量
価格
367,200円(完成車 / 税込)
備考

ジオメトリ【補足】
TT=トップチューブ長(ホリゾンタル)、ST=シートチューブ長、CS=チェーンステイ長、WB=ホイールベース長。

Size 44 48 52
TT 510mm 520mm 540mm
ST 440mm 480mm 520mm
CS 430mm 430mm 430mm
WB 1017mm 1014mm 1011mm



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。