BMC Roadmachine02 ULTEGRA

【30c対応】BMC roadmachine 舗装路面を選ばないエンデュランスロードバイク

BMC Roadmachine02 ULTEGRA
『BMC』は、タフネスなパフォーマンスロードバイク『Roadmachine(ロードマシン)』を発表しました。

Roadmachineは、幅広い路面状況や天候に対応し、長距離を快適に走破することを念頭に置いたエンデュランスロードバイク。広めのタイヤクリアランスにより【700 × 30c】のタイヤを選択できるようになりました。

公式なアナウンスにはありませんが、選択するタイヤの幅やパターンによっては軽いグラベル(砂利道)程度なら走行可能でしょう。

以前は、ハイパフォーマンスバイクに【25c】以上のタイヤを履かせるフレーム設計などありえない状況でしたが、近年スポーツ性能の高いオールロードバイクが普及していることで、各ブランドもラインナップに加えやすくなったようです。

フレームジオメトリは、上半身を起こすためにヘッドチューブを長めの設定にしてるかと思えば、同社のロードバイク『Altitude Teammachine SLR 01』より若干短い。しかし、リアセンター長やホイールベースはロードバイクとしては長い。このあたりの旋回性と安定性のバランスは練られているようです。

BMC Roadmachine 01 カーボンフレーム
このたび新開発されたフレームは、カーボンが2種とアルミニウム1種。全てがディスクブレーキ専用設計です。

グレード別で紹介すると、
BMC-Roadmachine-01_DuraAce-Di2
『Roadmachine 01』シリーズは、カーボンのアッパーグレードで、プレミアムカーボン素材を採用。重量はフレーム【920グラム(size:54cm)】、フォーク【390グラム〈コラム無切断〉】と超軽量。
BMC Roadmachine02 ULTEGRA
『Roadmachine 02』シリーズは、カーボンのスタンダードグレードで、トータルバランスの良いカーボン素材を採用。重量はフレーム【1100グラム(size:54cm)】、フォーク【430グラム〈コラム無切断〉】と軽量。
BMC-Roadmachine-03_Tiagra
『Roadmachine 03』シリーズは、ベーシックグレードで、高品質で多様性にすぐれたアルミ素材を採用。重量はフレーム【1270グラム(size:54cm)】、フォーク【430グラム〈コラム無切断〉】とアルミフレームとしても軽量。

また、Roadmachine 01のシートポストのみ、160グラムと軽量なD型形状シートポストを採用しています。

ドライブトレイン、タイヤクリアランス

ドライブトレインは、

Roadmachine 01では、Shimano Di2(電動式)DURA-ACEとULTEGRA、それと機械式のULTEGRA。

Roadmachine 02では、Shimano Di2(電動式)ULTEGRA、それと機械式 ULTEGRAと105。

Roadmachine 03では、Shimano 105とTiagra。

装着できる最大のタイヤ幅は、Roadmachine 01が30ミリ。Roadmachine 02が30ミリ(フェンダー装着時は28ミリ)。Roadmachine 03が32ミリ(フェンダー装着時は30ミリ)。

全グレードに共通するのは、ディスクブレーキのフラットマウント規格。前後スルーアクスル。

フェンダーなどの快適装備は、アッパーグレードのRoadmachine 01には装着できない。この辺りはハイパフォーマンスフレームなので当然な設定。しかし、Roadmachine 02でフェンダー装着。また、Roadmachine 03になると上乗せしてラックマウントも装備しています。

3つのフレームが用意される『Roadmachine』は、ユーザーの求めるパフォーマンスや価格と用途によって幅広い選択肢が用意されています。

多様なロードライディングに応えるエンデュランスバイクの登場です。

BMC-Switzerland.com




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。