VooDoo BIZANGOのフィッティングがXC化していく

このごろ、日に日に寒くなってくる…そんななか、VooDoo BIZANGOのフィッティングは、緩やかなペースで続いています。

初めは4X(フォークロス)仕様で仕上げているつもりが、どんどんXC(クロスカントリー)化していく。もともとBIZANGOはXCバイクなので、それが全うな在り方ではあるのですが…

私の所有するBIZANGOのフレームサイズは16インチ。トップチューブのスローピングは大きく、計測するとトップチューブ長(スローピング)は527mm程度。このスタンディングオーバーハイトの低さに目をつけて【4X】や【DS】仕様に設定したのですが、結局はXC化して行く…それはペダリングが楽だからです。

実際にXC仕様にする為には、私の体格からみてハンドルバーの高さを低くしたいのですが、ステム位置を低くできないので、ステム角がマイナスライズされたパーツへの交換を検討中です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。