2017 VooDoo Avalou

2017 VooDoo ロードバイク[carbon & Reynolds 853]

日本国内でVooDoo(ブードゥー)の販売が見られなくなって何年経つでしょうか?

実はVooDoo、欧州市場では商品展開をしておりスポーツ自転車ブランドとして活躍しています。現在の日本では輸入代理店が存在しないため、自転車屋さんから購入することはできません。
2017インターバイク出展したVooDoo
そんなVooDoo、今年もユーロバイクショーとインターバイクに2017年モデルを展示して健在ぶりをアピールしています。

2017年モデルとして個人的に注目しているのが、新規に投入される二つのロードバイクのラインナップです。

VooDoo Bondye

2017 VooDoo Bondye
まず一台目が、VooDooで唯一のレーサーバイクだった『Bondye(ボンディー)』が復活しました。

従来のBondyeのフレーム素材にはスカンジウムを採用。そのチューブは極薄で軽量、しかも剛性は高くペタリングロスの少ないスパルタンなモデル。ただ、振動吸収性を上げるためにシートステイにはカーボンを採用していました。

そして、待望の2017モデルは遂にカーボンフレームへと進化しました。フルカーボンのフレームはVooDooシリーズ初のバイク。

ブレーキシステムは最近のトレンドでもあるディスクブレーキを採用。アクスルは前後ともスルーアクスルに対応させている。また、タイヤクリアランスは【30C】のタイヤ幅は確実に確保しています。

VooDoo Avalou

2017 VooDoo Avalou
もう一台注目のロードバイクが、ツーリングユーザに好評だった『Avalou(アバロウ)』。

従来のAvalouフレーム素材は、VooDooオリジナルのクロモリ鋼管で、チュービングはダブルバテッド加工されたものでした。

ところが2017モデルでは、Reynolds(レイノルズ)社の高級スチールパイプ『Reynolds 853』にアップデートされています。バネレートの高いReynolds 853ですが、非常に細いシートステイによって振動吸収性がどれほどなのか興味津々です。

また、チューブ接合部分にはクラシカルなラグが装飾され、ビンテージバイクの雰囲気を漂わせています。その他、ビンテージのイメージを壊さないようにヘッドパーツには【1インチ】スレッドステアセットを採用しています。

これら二台のVooDooロードバイクのデリバリーは、来年1月を予定していますが、ビンテージロード『Avalou』の納期は遅れる可能性があります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。